大連についての情報サイト「大連通」へようこそ!大連についての生活、旅行、遊び情報を交換したり、友達を作ったりしましょう~

大連生活、大連旅行、大連遊び、大連出張、大連ホテル選びについての情報サイト

情報の広場

中国文化-中国画

2009-5-19 14:19 | クリック数: (77) | コメント・口コミ数: (2)

中国文化-中国画

 

中国画についてご紹介させていただきます。

中国画と一言で申しましてもこの数千年の歴史を持つ中国においては、さまざまな種類の絵画が描かれてきたわけですけれども、現在では西洋の油絵や水彩画、デッサン画などと区別するために中国画と読んでおります。それでは皆様は中国画という言葉をお聞きになりまして、どんなものを想像なさいますでしょうか。ここではまずその歴史から簡単にご紹介させていただきたいと思います。

 

中国画の歴史

 

現在までに発見されている最古の中国画と呼ばれるものには湖南省の調査で見つかった戦国時代の「帛画(はくが)」と呼ばれるものがございまして、絹で織られた布に描かれたものでした。当時の道具としては筆や墨を使ったほか、彩りを添えるために鉱物を顔料として用いておりました。

 

最も早く成熟期に達した中国画:人物画

 

そんな中国画の中で最も早く成熟期に達したものとしては人物画が挙げられるでしょう。人物を描くということは戦国時代にはすでに体系が完成し、唐代には最盛期を迎えたといわれております。この人物画の代表的存在といいますのが東晋の時代に活躍した顧愷之(こがいし)という人物で、現在では「画聖」と呼ばれております。彼の描写の特徴は人物の精神をも描こうとしたという点にございまして、その絵画の極意は『論画(ろんが)』『画雲台山記(がうんたいさんき)』などの著作に記されております。

 

次に大成された中国画:山水画

 

その次に大成された中国画としては山水画が挙げられるでしょう。唐の時代、呉道玄(ごどうげん)という画家は仏や仏教にまつわる物語を描いた仏画を革新した人物で、数々の壁画を仏教寺院に残しております。又、王維(おうい)という人物の水墨画も大変有名で「南宗画の祖」と呼ばれております。花や鳥などを描いた花鳥画は唐代や五大十国の時代にはほぼ完成され、最盛期は宋代だといわれております。その後中国画もさまざまな流派に分かれていくわけですが、代表的なものでは先ほど申し上げました南宗画と北宗画が挙げられます。又こうして形式化してしまったものを否定し新たな画法を打ちたてようとした人物達もおりました。明代の末期には董其昌が書とともに文人画をも大成し、理論、技術の両面でこれまであった画法を統一させるのに成功しました。

 

水墨画について

 

中国といえば水墨画だとおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。中国では水墨画は宋代から流行り出したといわれております。写実的な描き方ではなく精神的な世界を表現しようという写意的な画風が中心となっておりました。

 

中国画の特徴

 

では中国画の特徴というのはどんなものなのでしょうか。伝統的に筆と墨とを用いてきたことがまずひとつ挙げられるでしょう。このため、中国画を描くためには、まず線を描くことを基本とし、次に筆と墨とをいかに応用するかということに重点が置かれているといっても過言ではないでしょう。「書画道源」という言葉がございますように、中国においては書と画というのは切り離せない存在になっておりますが、どちらも作者の意識や感情を、筆を用いて線として表現したものということで、これらが一体となった形式のものも中国独自のものであるといえるのではないでしょうか。明、清の時代になり、詩や書、画、そして印、はんこですね、これらが一つとなった表現形式も現れるようになり、それらのそろったものが中国画と呼ばれるようになりました。それほど特徴的な存在だったわけです。

現在中国画は古典的な方式を保った伝統的なものと、題材や技巧の点で西洋の特徴を取り入れたもの、そして、「実験水墨」と呼ばれるこれまでの形式にとらわれない新しい作品を生み出す試みも行われており、多元化の一途をたどっているといっても過言ではないでしょう。しかし技巧的なことはともかく、数千年という長い歴史の有る精神文化を持つ中国が生み出してきた中国画、もう一度その根底に流れるものを見つめなおす必要があるのではないか、と専門家は指摘しております。

以上、中国の書法と中国画についてご紹介いたしました。

 

「中国文化-中国画」で中国語を学びましょう

 

デッサン画                  素描

極意                             秘诀

まつわる                                关于

とらわれない                           不拘泥

根底                           根底

TAG:中国文化 中国画 水墨画 山水画 人物画
中国文化-中国画と同じ中国画の関連情報ピックアップ
中国文化-中国画
中国文化-中国画と同じ水墨画の関連情報ピックアップ
中国文化-中国画
中国文化-中国画と同じ山水画の関連情報ピックアップ
中国文化-中国画
中国文化-中国画と同じ人物画の関連情報ピックアップ
中国文化-中国画
Guest (2009-12-02 22:50:56)
中国画はほとんど柔らかい筆を使うんで、結構描きにくいでしょう…
Guest (2009-12-01 21:28:05)
中国画の中で、水墨画が一番好きです!

中国文化-中国画 についてのコメント・口コミを書く


すべてのコメント計2通のコメントがありました



Copyright © 2009 www.dalian2.cn All Rights Reserved.